• ホーム
  • アクセス
  • 電話お問合せ
  • 無料お見積り
works

実績ブログ

ブログトップ

タグ:キズ・ヘコミ修理 の記事 一覧 (新着順)

110件 31件目から40件目まで表示 (11ページ中4ページ目)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

岸和田市 ベンツSクラスバンパー修理

投稿日時:2017年09月27日 16:00:10

ベンツSクラスのリヤバンパーが真っ二つに割れてしまっています。
スポイラー一体のバンパーの為、新品交換ではなく修理しました。


image
バンパーの修理後の画像です。割れていたのが解らないぐらい綺麗に直りました。
下記に作業工程、画像を掲載しています。
image


初めに2液のエポキシ系樹脂で割れた破片を接着します。
次にパテで成形を行います。
image
パテを塗布後、研磨作業を行い成形していきます。
image
成形後、サフェーサー塗布を行います。
image
サフェーサー塗布後、足付け作業を行い塗装間際に脱脂します。
脱脂後、カラーベース、クリアーの順番でバンパーを塗装していきます。
塗装後に専用バフでミガキ作業を行い元通り車体にバンパーを組み付けて今回の割れて
しまったバンパーの修理作業は終了です。
image


image


上記のような輸入車ベンツ、BMWなどのスポイラー付きバンパーの修理はぜひ当社に
お任せ下さい。
純正バンパーではなくスポイラ一体式の社外品バンパーでひどく割れてしまい他社で交換と言われたパンパーでも当社では修理可能な場合があります。
大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話072-274-2155























堺市 マセラティ バンパーフェンダーキズ・ヘコミ修理

投稿日時:2017年06月30日 13:39:13

マセラティ ギブリ板金修理です。
フロントバンパー・ロッカアウタパネル・クォータパネルのキズ、ヘコミ修理です。
フロントバンパーの下の方にキズが入って塗装がめくれています。
image
初めにフロントバンバーを車体から取り外したら次に、バンパーから付属部品
(グリルやナンバープレートなど)を取り外します。
image
下の画像のようにバンパーは一切付属部品が付いていない状態で修理、塗装を行います。
塗装の際はバンパー専用スタンドに固定して、塗装専用ブースに入れて塗装作業を行います。
グレーのサフェーサーを塗布している部分がキズのあった部分です。
サフェーサーには防錆効果、巣穴を埋めたりパテの塗料吸い込防止の効果などがあります。

image

キズのある部分だけではなく全体を塗装します。
部分塗装するとボカシ際が出るリスクがあるので当社では基本的に全体を塗装する修理方法
をとっています。
image
強制乾燥後、ミガキ専用のバフとコンパウンドでミガキ作業を行います。
ミガキ作業は、塗装中に付着した小さなホコリの除去や塗装肌の調整などするのに
必要な作業です。
image
ミガキ作業終了後、初めに分解した付属部品を元通りに組み付けてバンパーのキズの修理
は終了です。

image
今回はクォータパネルのキズも同時に修理、塗装しました。
塗装前に、下地作業・マスキング作業・を行います。
塗装直前に脱脂作業を行い塗装していきます。
image
カラーベース・クリアー塗装の順番で塗装を行います。

カラーベースの塗装は、色を染めるだけで艶はありません。
トップコートのクリアー塗装をする事によって艶が出ピカピカになります。
image
上記のうようなマセラティのボディーのキズ・ヘコミ修理もぜひ当社へお任せ下さい。
お見積りのみでも大丈夫です。
一度お問い合わせください。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話07-274-2155





















堺市 プリウス ドア キズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年06月15日 21:51:40

プリウスのロッカーパネル(ステップ部分)とドアのキズ・ヘコミ修理です。
キズのある部分もヘコミ分部も板金修理しました。
image
板金作業後、塗装専用ブーズにて塗装作業を行います。
下記画像のように塗装部分の付属部品は初めに分解し外します。
ほんの少しのキズ、ヘコミでも塗装を削り板金作業を行いパテで最終仕上げを行うと
キズ、ヘコミの倍ほどの免責にサフェーサー(サビ防止や板金パテが塗料を吸い込み巣穴が出来るのを防止する役目)を塗布する事になります。
塗装部分以外はマスキング作業で塗料が散らないようにします。
image
塗装終了です。
十分に焼き付けを行った後に、専バフでミガキ作業を行い初めに取り外した付属部品を
組み付けて作業終了です。
image


トヨタプリウス・ツーリングセレクション 年式:平成28年
型式 DAA-ZVW51 カラー番号 3T7 エモーショナルレッド


上記のようなキズ、ヘコミ修理はアクティブ車体にお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155











大阪 フォレスター 側面キズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年05月20日 11:52:59

フロントドアとドアミラーのキズ、ヘコミ修理です。
部品交換で修理すると高額になるので当社では板金修理を行いました。


image
キズ、ヘコミのある部分の塗装を剥離し、板金作業でヘコミ分部の鉄板を引き出して
表面のでこぼこを平にしていきます。
image
板金作業とパテ整形後、サフェーサーを塗布します。
サフェーサーとは防錆効果やパテの塗料吸い込み防止効果がある下地塗装です。
image
サフェーサーの研磨後、脱脂などの下処理を行い、いよいよ塗装作業に移ります。
ブルーメタリックのカラーベースを塗装し最後にクリアー塗装をしてツルっと仕上げます。



image
サイドミラーのカバーもキズが付いていたのでキズ修理を行い塗装しました。
乾燥後、バフとコンパウンドで磨き作業を行い外した部品を元通りに組み付けて
今回の大きなキズ、ヘコミ修理は完了です。

image
スバル・フォレスター 年式:平成28年 
カラーナンバー:J8U クォーツブルーパール
修理目安日数:5日程度~(現場の状況により多少前後します。)
修理目安金額:8万~


上記のような大きなキズ、ヘコミ修理もぜひ当社へお任せ下さい。
部品交換で修理をすると修理金額が高額になってしまったり、場合によっては
査定落ちの対象いなってしまう事もあるので当社では出来る限り板金で
修理を行っています。

ぜひ一度、ご来店下さい。
見積り無料。代車無料提供です。

大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話」072-274-2155















マツダ RX-7 ボンネット・ヘッドランプリッド塗装劣化

投稿日時:2017年05月18日 15:35:39

ボンネットとヘッドランプリッドの塗装劣化で再塗装しました。
カーボンのフロントスポイラー、サイドステップ、リヤウイングのゲルコート劣化による乳白化
の為、クリアー塗装をしました。
ボンネットの塗装劣化画像です。
image
リトラクタブルの塗装劣化画像です。
image

作業工程はまず、旧塗膜を剥離剤で剥離していきます。
剥離剤を塗ってしばらく時間を置くとムニュムニュっと塗料が浮き上がってきます。
image
その後、浮き上がった塗料を綺麗に洗い流しサントペーパーを使って研磨していきます。
すると下記の状態になります。最後に隅まで綺麗に剥離します。
image
その後、サフェーサーを塗布します。サフェーサーには防錆効果などがあります。


image
下記はリトラクタブルヘッドランプのリッドです。
ボンネット同様の作業を行います。
image
サフェーサーを塗布後、研磨して足付け作業を行います。
塗装直前に脱脂作業を行い塗装します。
image
塗装後、焼き付け乾燥をして専用のバフとコンパウンドを使いミガキ作業を行い作業終了です。
上記の工程を経て下記のように綺麗なボディーに生まれかわりました。
ビフォー
image
アフター
image
カーボンのフロントスポイラーのゲルコートの劣化画像です。


ビフォー
image
カーボンのフロントスポイラーもこの通り綺麗になりました。
クリアー塗装をするとこうなります。
アフター
image
サイドステップも同様にクリアー塗装で綺麗になりました。
ビフォー
image
アフター
image
リヤウイングも綺麗になりました。
image

上記の全ての工程を経て今回の塗装劣化の再塗装は終了です。
出来上がり画像
image
お客様にも喜んで頂けました。
上記のような塗装の劣化も綺麗に再塗装いたします。
もちろんゲルコートの劣化もお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155







大阪市 ポルシェ マカン

投稿日時:2017年04月20日 15:39:27

ポルシェ マカン バンパー板金塗装・修理でのお預かりです。
image
リヤバンパーの右側に亀裂と変形があります。
リフレクター(バックフォグ一体)にもキズとワレがありました。

image
赤の丸で囲っている部分がキズ、ヘコミと亀裂が入ってる部分です。
このキズ、ヘコミと亀裂を今回は修理しました。


image
まず初めに車からバンパーを取り外してバンパーを分解していきます。
image
へこんでいる箇所を加熱しながら裏から慎重に押していきます。
image
今回、塗装作業中の写真を撮り忘れてしまいました。残念です。
下地と塗装終了後、分解したバンパーを元通りに組み付けて再び車に装着します。
image
ポルシェマカンのバンパーのキズ、へこみ修理は終了です。
お客様にもとても綺麗に直ったと喜んで頂けました。
image

ポルシェのキズ、ヘコミ修理などもぜひ当社へお任せ下さい。
バンパー以外のキズ、ヘコミでも大丈夫です。
ポルシェ マカン 年式:平成28年
カラー番号 LC9X    ディープブラックパールエフェクト   
修理日数目安:5日程度~
修理金額目安:10万円程度 (キズの大きなどにより多少前後します。)
お見積りいたします。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155


















ムーブ ドア大きなキズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年04月15日 15:41:23

左側面、フロントドア・リヤドア・ロッカパネル(ステップ部分)リヤクォーターの
大きなキズヘコミ修理です。
インパクトバーの型がクッキリと出ています。画像でみるより実際の損傷は大きいです。
image
当店ではドア交換ではなく全て板金で修理しました。
板金作業や塗装作業の際に邪魔になる部品を分解して車体から取り外します。
下記画像はアウターハンドル(ドアノブ)を取り外しているところです。
ドア内側のトリム類も取り外します。
image
今回の板金は引き出し板金と言って表面の塗膜を綺麗にはがし鉄板にワッシャーを溶着して引き出します。
この他にもハンダを使った引き出し板金やハンマーとあて板(ドリー)を使った叩き出し板金
などがあります。
image
引き出し板金でヘコミを直したら次は板金パテで面出し(細かなおおとつを平らにする)
をしていきます。
何度も番手(目の粗さ)の違うサンドペーパーで削りながら細かなおおとつを無くし表面を
ツルッと綺麗にします。
上記の作業が終わると下記の状態になります。
次に塗装作業ですが、下記の状態のままでは塗装はできません。
ここから塗装の下地作業を行います。
image
まずマスキング作業を行います。
画像のように塗装部以外はすべて隠します。
さらに細かいサンドペーパーでパテの表面のペーパー目を消して塗装範囲の旧塗膜を
足付け作業します。
すると下記の状態になります。
image
塗装風景です。
塗装専用のスプレーガンでカラーベース、クリアーの順番で塗料を薄く何度も
塗り重ねていきます。
塗り重ねる回数などは色によって違います。
image
塗装後、専用のコンパウンドとバフでミガキ作業を行います。
修理後は下記のように車体に景色が綺麗に映るぐらい復元しました。
大きなキズ、ヘコミがあったのが全く解らないです。
綺麗に直りお客さまにも喜んで頂けました。
image
堺市 ダイハツ・ムーブ 年式:平成23年式 
カラーナンバー XO7  ブラックマイカメタリック
上記のような他社で交換での修理と言われたお客様はぜひ一度、当社へお越しください。
お見積りのみでも大丈夫です。
当社ではお客さまのご予算に合わせた修理方法をご提案致します。
保険修理と違い実費修理の場合、出来る限り板金で修理致します。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話 072-274-2155































堺市 ラパン ステップキズ・ヘコミ板金塗装

投稿日時:2017年04月10日 16:41:25

ロッカパネル(ステップ部分)キズ、ヘコミ修理です。
板金で修理しました。
image
サンダで旧塗膜を削りスタッド溶接で修理しました。
下記画像は板金後、表面のおうとつ部分を平にする為に板金専用パテで面出しをして
います。
この後、塗装専用ブースに車両を移し塗装前に、下地処理を行い塗装作業にうつります。
下地処理とは板金した部分と旧塗膜の境目を綺麗になくすために目の粗さの違うサンドペーパーを何度もあてる作業(フェザーエッジを作る)を行います。
次にサフェーサーを塗布します。塗布後も必ずフェザーエッジを作る作業を行います。


マスキング作業が終わると塗装直前に脱脂作業といい塗装部分表面の油分などを綺麗にふき取る作業なども行います。
この作業を怠るとゴミがかんでしまったりします。

image
上記の作業を全て行い今回のキズ、ヘコミ分部の修理作業は修理です。
最後に専用バフでコンパウンドを使いミガキ作業を行い完了です。
今回は塗装作業ほ画像がないのが残念です。
スズキ ラパン カラー番号FKA チェリーピンクパールメタリック
上記のような一部分のキズ、ヘコミ修理もぜひ当社へお任せください。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155












ベンツCLS テールランプマットブラック 塗装

投稿日時:2017年04月06日 15:41:14

ヘッドランプの中をマットブラックにテールランプのレンズをスモーク塗装しました。
バックランプもLEDに交換しました。
image
車両からテールランプを取り外し下地処理を行い今回透明のレンズの部分は塗装しないというお客様のリクエストがありましたのでその部分はマスキングしました。


image
スモーク塗装するとこんな感じで仕上がりました。
image
車体に取付て出来上がりです。
image
ヘッドライトの塗装前はこんな感じです。
image
マットブラックは塗装後、こんな感じで出来上がりです。
image

上記のようなベンツのヘッドライト・テールランプのリクエスト塗装やLEDへの交換作業も当社へお任せ下さい。
もちろんBMWなどの輸入車や国産車でも大丈夫です。

有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155
一度、ご相談下さい。


















トヨタ ランクル 側面大きなキズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年03月26日 12:05:51

左側面のキズ、ヘコミの板金修理です。
フロントドア、リヤドア、ロッカアウターパネル(ステップ部分)の損傷です。
全て板金で修理しました。
画像のように付属部品(アウターハンドルやモール類)などは全て取り外して作業を行います。
image
板金作業が終わると次は塗装専用ブースに車体を移し塗装作業ですがその前に
下処理を行います。
マスキング作業を行いサフェーサーを塗布します。
マスキングには塗装部分以外に塗料が掛かるのを防ぐための作業です。

サフェーサーには板金パテが塗料を吸い込むのを防止しするなどの効果があります。
カラーべースを塗るまえに脱脂作業を行います。

image
カラーベース・クリアーコートの順番でキズ、ヘコミの板金した部分を塗装してきます。
今回は左一面の塗装作業になりました。
image
塗装終了後、十分に乾燥させてから専用のバフでミガキ作業を行い最後に初めに取り外した付属部品類を元通り車体に取り付けて今回のキズ、ヘコミの修理は終了です。


トヨタ、ランドクルーザー80 年式:平成6年
カラー番号6M1  ダークグリーンマイカ


上記のような広範囲に及ぶキズ、ヘコミの修理もぜひ当社にお任せ下さい。
ぜひ一度、当社へお見積りにお越し下さい。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155







110件 31件目から40件目まで表示 (11ページ中4ページ目)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ステップ 電話
ステップ 電話