• ホーム
  • アクセス
  • 電話お問合せ
  • 無料お見積り
shaken

ブログトップ

メーカー:BMW の記事 一覧 (新着順)

43件 1件目から10件目まで表示 (5ページ中1ページ目)

1 2 3 4 5

BMW E90 エンジンかからない故障修理

投稿日時:2018年06月09日 10:43:39

BMW E90 323i のエンジンがかかならいという現象でのお車お預かりです。
まずBMW専用テスターで総合診断(スキャン)を行いました。

image
システム上、特に問題がなさそうだったのでアナログ的に点検を行っていきます。
点検の結果、セルモーターの故障でした。
image
インテークマニーホールドを取り外さないとセルモーターにたどり着きません。

以外に大変な作業です。

image
下記画像は取り外したセルモーター(上)と新品(下)の写真です。

今回は修理費節約の為、社外部品を使用しました。

社外部品とは純正以外の優良部品の事です。


image

新しいセルモーターを組み付けていきます。

image
作業の為に取り外した、インテークマニーホールドのサージタンク内にエンジンオイルが
溜まっていたので綺麗に掃除してから取付し、無事にエンジン始動の確認を行い、
今回のエンジン始動不可の故障修理は完了です。

image


上記のようなBMW・ベンツなどエンジントラブルの修理もぜひ当社にお任せ下さい。
専用の診断機できちんと診断し、修理します。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155








BMW5シリーズE61 車検

投稿日時:2018年04月24日 16:56:53

BMW5シリーズE61車検整備。
始めに56項目の法定点検を行い車の状態をチェックします。
今回は定期交換部品のブレーキオイル(ブレーキフルード)の交換に加え
リアサスペンションのアッパーリンクという部品のブッシュに亀裂が入っていた為
交換作業を行いました。
image
エンジンマウントにも劣化が見られ、エンジンの振動がボディに伝わっていたので
エンジンマウントの交換も行いました。
エンジンハンガーという工具を使いエンジンを宙吊りにします。
image
エンジンとエンジンメンバーの隙間からエンジンマウントを取り外してます。
image
image


ついでにATミッションマウントも交換しました。
image


image
下記写真の左が取り外したエンジンマウントで右が新品です。
インシュレータ(ゴムの部分)の厚みが違うのがわかります。
image
image
下記写真はATミッションマウントです。同じく左が取り外した部品で右が新品です。
image
最後に4輪のブレーキキャリパーよりエア抜きを兼ねてブレーキフルードの抜き替え
を行いました。
image
これで今回の車検整備作業は終了です。
上記のようなBMWの車検作業や故障による一般整備もぜひ当社にお任せ下さい。


年式H18年 BMW5シリーズE61 車検整備


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155
ぜひお問い合わせください。





BMW Z4 バンパー、フェンダーのキズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年12月15日 12:18:10

BMW Z4 リヤバンパー・リヤフェンダーのキズ・ヘコミの修理です。
リヤフェンダーは鈑金で、バンパーは交換ではなく修理しました。
下記がぞの白くなっている部分が今回キズ・ヘコミがあった部分です。
旧塗膜をはがし鈑金後、サフェーサーを塗布する前の状態です。

image

バンパー車体から外して専用スタンドに固定し修理作業を行います。
バンパーは付属部品などを全て外して作業します。写真はキズを修理後下地のサフェーサーを塗布したところです。

image

キズ、ヘコミ分部の鈑金、修理作業が終わると、塗装作業に移ります。
塗装専用ブースに移動してマスキング作業を行います。
マスキングとは今回塗装する部分以外に塗料が飛び散らないようにする細かな作業になります。
マスキング作業はとても細かい作業で少しでも隙間があったりキッチリできてないとそこから
塗料が入り込んだり、塗料がめくれてきたりするのでとても細かい作業になります。

image

マスキング作業が終わると塗装直前に脱脂作業といって塗装する部分の余計な油分や
ホコリなどをふき取ります。

image

カラーベース、クリアーの順番で塗装していきます。
今回はBMWのブラックサファイアというカラーになります。

image

バンパーも同様に塗装します。

image

塗装が完了したら少しインターバル(時間)をあけた後、カーボンヒーターで強制乾燥します。そのあとに塗装した部分を、専用のバフとコンパウンドを使用して丁寧に磨き上げます。
最後に、バンパーを車体に組み付けて今回のバンパーとリヤフェンダーのキズ・ヘコミ修理は完了です。

image

上記のような輸入車のキズ、ヘコミ修理はぜひ当社にお任せ下さい。
BMW以外にもベンツ・ポルシェなどのキズ、ヘコミ修理もお任せ下さい。
BMW Z4 年式:24年
まずはお車のキズ、ヘコミをお見せ頂きお見積りを。。。
ホームページ上の問い合わせホームにキズ、ヘコミのある部分の画像を添付し
送信頂いてもお見積り可能です。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155












BMW オルタネータ交換

投稿日時:2017年10月15日 11:15:05

BMW1シリーズ
お客様より部品持込でオルタネータの交換作業の依頼です。
image


今回は他店(ディーラー?)で点検済でオルタネータ不良との診断結果が出ているとの事
ですので、早速交換作業を進めていきます。
image
右が現車に付いていたオルタネータで左が持ち込みされたオルタネータです。
お客様が持込された部品の適合確認はOKとの事でしたのでそのまま取付します。
部品の適合確認はお客様自身で購入店に確認して頂いています。
image
今回は他店で点検済でしたが、当社にもバッテリー上がりでご入庫された車で
オルタネータがダメなケースはよくあります。
バッテリーが上がった場合は、DIYでバッテリー交換するだけではなく、整備工場で
オルタネータの点検をする事をオススメします。
交換作業時間は2時間程度です。


上記のような交換作業も行っております。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155






BMW X5 エアコンの故障

投稿日時:2017年09月18日 15:53:13

BMW X5のエアコンが効かない症状での修理入庫です。
早速原因を調べてみると、クーラーガスは入っていますが、コンプレッサーがすぐに
止まってしまいます。
理由は、電動ファンの不良による、コンデンサーの冷却不足でした。
という事で早速、ファンを外してみます。


image
このBMW X5はフロントバンパーとフォースメントも外さないと電動ファンが外れません。
image
バッテリーから直結で回してみましたが、動く気配がなかったので新品と取替ました。
交換後、エアコンのスイッチを入れると勢いよく電動ファンが回り出しエアコンも快適に効く
ようになりました。
image

元通りフロントバンパーを組み付けて、今回のエアコンが効かない故障修理は終了です。
作業日数目安:1日~(混み具合により変わります)
上記のような輸入車(BMW・ベンツなど)のエアコントラブルなどぜひ当社へお任せください。
他社修理工場とは輸入車の修理実績が違います。
またオイル漏れトラブルなのど診断、修理もぜひお任せ下さい。


大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話072-274-2155





BMW E61 530 i ツーリング 車検

投稿日時:2017年07月20日 18:43:13

今回はBMW 530iツーリング Mスポーツ の車検と、エンジンオイル漏れ及びオートマオイル
漏れの修理もさせていただきました。
image

うっかりしてエンジンのオイルパンを交換しているところの写真撮るのを忘れてました。。
車体をリフトアップして、エンジンオイルを抜き取り、アンダーカバーなどの付属部品を外して、
そこからが大変です、汗  エンジンを吊り上げてメンバーとサスペンションを切り離して
エンジンメンバーを取り外します。それから、オイルパンの取付ボルトを20本ほど外して
してようやくオイルパンが外れます。今回はガスケットの交換作業なので、外したオイルパン
をキレイに洗浄して、新しいガスケットと一緒に取付ます。ついでにドレンコックのガスケットと
オイルレベルセンサーのガスケットも交換、取り付けボルトもアルミなので組み付け時に新品
に交換、オイルフィルター(エレメント)も新品に交換します。
そして外した部品を外した順番の逆に組み付けていきます。
エンジンオイルはメーカー指定のロングライフタイプを注入しました。
とりあえずエンジンオイルの漏れは直りました。写真がないのが惜しい。。


続いて、オートマオイル漏れの修理です。
image

このBMWのオートマオイルオイルパンは樹脂製なので、経年劣化と熱で歪みます。
なので、ガスケットだけではなく、オイルパンごとの交換になります。
ATF(オートマオイル)を抜き取り、取付ボルトをほどいて外していきます。
ちなみに上の画像はオートマオイルパンを外したところです。

image

上が新品のオートマオイルパンで、下が外したオイルパンです。
フィルターも内蔵されているので一緒に交換になります。
こちらも外した逆の順に組み付けていきます。

image

組み付け完了後 ATF(オートマオイル) の注入です。温度管理をしながら、機械で圧送
していきます。
これらの作業と並行して、法定2年点検(車検整備)もバッチリさせていただきました。
全ての作業が完了し、無事に車検にも合格しました。これで次の車検まで安心して
乗っていただけると思います。有難うございました。


BMW E61 530i ツーリング Mスポーツ 年式:2005年 走行距離:97.000
BMWやベンツの車検整備もぜひ当社にお任せ下さい。無料見積りも行っております。
お気軽にお電話お問い合わせ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-12242
電話072-274-2155





堺市 BMW5シリーズ オイル漏れ修理

投稿日時:2017年04月21日 17:01:48

BMWオイル漏れ修理です。
診断の結果、エンジンオイルがオイルパンから漏れていました。
image
オイルパンを外してガスケットを交換します。
ついでにドレンコックのガスケットとオイルレベルセンサーのガスケットも交換しました。
ガスゲットとはパッキンの事です。
image
写真のようにエンジンを釣り上げた状態でクロスメンバー等を外さないとオイルパンを
外す事ができません。
うっかりオイルパンを外した所の写真を撮るのを忘れてしまいました。。
image


今回、オートマチックトランスミッション(オートマ)のオイルパンからもATF(オートマオイル)
が漏れていましたのでこちらも修理しました。
image

BMWのE60、E61はオートマのオイルパンがエンジンのオイルパンと違って樹脂で
出来ています。熱でひずみが出ている事が多くガスケットとオイルパンを同時に交換
するのが定番です。
上の写真は新しいオイルパンと古いオイルパンです。
image
作業完了後、エンジンオイルはオイル交換した時と同じように、オイルフィラキャップから
注入しますが、ATF(オートマオイル)は写真のような機械を使って圧送注入します。

image


オイル注入後再びリフトアップし、オイル漏れがないのを確認して今回のオイル漏れ修理は
終了です。
作業時間目安:1.5日程度
作業料金目安:車種により異なりますのでお問い合わせください。

今回の修理車種 BMW 5シリーズ 年式:平成17年 走行距離97.000㎞



BMW メルセデスベンツのオイル漏れ修理は当社へお任せ下さい。
欧州車のオイル漏れは修理実績がとても多いです。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155










BMW 3シリーズ 車検

投稿日時:2017年02月08日 15:26:03

堺市 BMW車検でのお預かりです。法定点検を行い保安確認の為の総合検査を行います。
総合検査とはテスターを使用しヘッドライトの光軸やサイトスリップ・排気ガス測定調整を行います。当社ではBMW専用の診断システムによるショートテストも行います。
image
当社では車検毎にブレーキオイルの交換を推奨しています。
今回のBMWの点検結果はエンジンチェックランプやその他の警告灯の点灯もなく、特に不具合はありませんでた。
2年前の車検でも当社でブレーキオイルを交換しているので今回の車検でもブレーキオイルは
交換しました。

当社が車検毎にブレーキオイルの交換を推奨する理由は、通称ブレーキオイルですが、実はオイルではなくフルードという油脂でオイルより吸湿性が高くブレーキを多用するとフルード内の湿気が沸点に到達すると気化しブレーキペダルを踏んだ時、正常な油圧がブレーキキャリパーなどに伝わらずペダルが奥まで入ってブレーキが効かなくなる(ベパーロック現象)恐れがある為です。
当社では走行距離に関わらず2年毎の交換をオススメしています。
今回の車検も無事に更新できました。

輸入車、BMWの車検は実績多数の当社にお任せ下さい。
無料見積りも行っております。1度お気軽にお電話、ご来店下さい。

法改正によりメーター廻りのチェックランプや警告灯が点灯していると車検が通らなくなりました。
チェックランプや警告灯が点灯しているお車は車検期日前に1度、当社にご相談、ご来店下さい。BMW専用診断機で診断致します。

BMW 3シリーズ 年式:平成12年式  走行距離:100.000㎞
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155






BMW ウィンカーのハイフラ・走行中のエンスト

投稿日時:2017年02月05日 19:54:58

 ウィンカーのハイフラ現象と走行中のエンストでBMWご入庫です。
BMW専用診断機で故障診断した結果、パワーモジュールとライトモジュールの故障コード(DTC)が出ました。どちらも車から取り外してカバーを外し基盤の焼けや、ハンダのクラックなどを点検しましたが、目視では不具合を確認できませんでしたのでお客様に承諾をいただきどちらも取り換えることにしました。
交換後、コーディングをして故障コードをリセット(消去)し何度も試運転を重ねた所、エンストはしなくなりましたが、1時間近く走行していると、忘れた頃に一瞬だけウィンカーのハイフラ現象が出てしまいます(汗)でもすぐに何事もなかったように普通に戻るんです・・・
このまま乗れなくはなさそうですが、やはり気になるので、バルブ(電球)やソケット、配線などをくまなくチェックしましたが、とくに不具合はなさそうです。ただ、ウインカーが内臓されているヘッドランプ本体は分解できないので、ソケットの接点やカプラー(コネクター)の接触状態を見るぐらいしかできません ~~。
う~ん・・・悩みに悩んだうえついにヘッドランプを交換することに・・・幸い走行の少ない中古の良品が見つかったのでそれを使うことに ^ ^ (中古でも高額!)もちろんお客様に承諾をいただいてですよ!
症状が改善されなければ当然お客様から代金はもらえません。。神に祈る思いで(笑)数日間走らせてみます。。
結果は、見事に直りました!ヤッター!!(拍手&ホッ)
作業に集中し過ぎて(本当は余裕がなくて、笑)写真が1枚しかありません。あしからず!


image
上記のような輸入車の原因不明のウインカーのハイフラ現象やエンストなどのトラブルは
ぜひ当社に1度お越し下さい。


BMW 7シリーズ 年式:平成19年 走行距離:90.000㎞


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155





堺市 BMW 急に加速しなくなる症状

投稿日時:2017年02月02日 16:26:44

BMW 急に加速しなくなるトラブルです。エンジンチェックランプも点灯しました。
BMW専用診断機を使用して故障診断を行いました。
診断結果はバルブトロニックサーボモーターの不具合が検出されましたので早速、分解して取り外しました。シリンターヘッドカバー廻りを分解していきます。
真ん中の円筒型の部品がバルブトロニックサーボモーターです。
image

バルブトロニックサーボモーターを取り外して単体点検してみます。

image
早速バルブトロニックサーボモーターを交換してみます。
左が取り外したモーターで右が新品モーターです。
image
このバルブトロニックサーボモーターの制御に関連しているエキセントリックシャフトセンサー
という部品も診断結果でエラーコートが出ていたので、お客様の了承のうえ同時交換しました。
シリンダーヘッドカバーを取り外している状態なので交換は比較的やりやすいです。
image
左が取り外したエキセントリックシャフトセンサーという部品で右が新品部品です。
外観では判断できないのでここは診断機を信用しての交換になります。
image
部品の交換後、ガスケット類を新品にして元通り組み付けて作業終了です。
再び診断機でエラーコードをリセット(消去)し試運転を行なったところ快調に加速もし
チェックランプも付かず問題は解決しました。
上記のような原因不明のチェックランプ点灯などの診断はぜひ当社にお任せ下さい。
今回の車はBMW3シリーズ 年式:平成18年 走行距離80.000程度
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155






















43件 1件目から10件目まで表示 (5ページ中1ページ目)

1 2 3 4 5
ステップ 電話