• ホーム
  • アクセス
  • 電話お問合せ
  • 無料お見積り
shaken

ブログトップ

カテゴリー:故障修理 の記事 一覧 (新着順)

63件 1件目から10件目まで表示 (7ページ中1ページ目)

1 2 3 4 5 6 7

BMW E90 エンジンかからない故障修理

投稿日時:2018年06月09日 10:43:39

BMW E90 323i のエンジンがかかならいという現象でのお車お預かりです。
まずBMW専用テスターで総合診断(スキャン)を行いました。

image
システム上、特に問題がなさそうだったのでアナログ的に点検を行っていきます。
点検の結果、セルモーターの故障でした。
image
インテークマニーホールドを取り外さないとセルモーターにたどり着きません。

以外に大変な作業です。

image
下記画像は取り外したセルモーター(上)と新品(下)の写真です。

今回は修理費節約の為、社外部品を使用しました。

社外部品とは純正以外の優良部品の事です。


image

新しいセルモーターを組み付けていきます。

image
作業の為に取り外した、インテークマニーホールドのサージタンク内にエンジンオイルが
溜まっていたので綺麗に掃除してから取付し、無事にエンジン始動の確認を行い、
今回のエンジン始動不可の故障修理は完了です。

image


上記のようなBMW・ベンツなどエンジントラブルの修理もぜひ当社にお任せ下さい。
専用の診断機できちんと診断し、修理します。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155








ポルシェ カイエン ヒーターホース交換

投稿日時:2017年10月17日 13:02:46

ポルシェ カイエン のクーラント(冷却水)漏れ修理のご依頼です。

image

エンジンルームの奥の方からLLC(冷却水)が漏れています。
原因はヒーターホースの劣化によるものなのでヒーターホースを交換します。
非常に作業が困難な場所で、底から覗きこんでようやく見える程度です。

image

片手しか入らず、しかも狭くて手の自由がきかないので、単純な作業ですが
相当な時間がかかりました。

image

さすがにホースバンドを止める事ができないので特殊工具を使って取付します。

image

エンジンルームの上からと

image
エンジンルームの下からも
image


とても狭くて時間のかかる作業でしたが、無事に冷却水の漏れも止まりました。
上記のようなポルシェなどの修理もぜひお任せ下さい。
カイエン、パナメーラなのど修理実績多数あります。
専用診断機も設備していますのでご安心してお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155












ベンツEクラス オイル漏れ修理

投稿日時:2017年10月16日 10:56:50

メルセデスベンツEクラス オイル漏れでの修理依頼です。
image
まずは、オイル漏れをおこしている場所の特定です。
エンジンルームの上から点検していきます。まず、シリンダーヘッドカバー周辺を点検して
みたところ早速、オイル漏れを発見です。
image




写真のようにシリンダーヘッドとヘッドカバーの隙間から漏れたオイルが滴となって
エキゾーストマニーホールドに垂れ落ちていました。
プラグコードとプラグコードの間に光って見えるのが漏れたオイルです。
image
という事で、シリンダーヘッドカバーを外していきます。
まず、周辺のカバーなどを外し次にシリンダーヘッドカバーの取付ボルトをほどいて
いきます。
image
シリンダーヘッドカバーを外すと、タイミングチェーンやロッカーアーム、カムシャフト
などが丸見えになります。
image
シリンダーヘッドカバーから古いガスケット(パッキン)を取り外し、ヘッドカバーの古い
オイルやスラッジを掃除をしてから新しいガスケットに付替えます。
image
V6エンジンなので反対のバンクのシリンダーヘッドカバーも取り外しガスケットを交換します。
image
外した部品を元通りに組み付けてしばらくエンジンをかけオイル漏れが止まったかどうか
の確認作業を行いました。
image
オイル漏れの確認作業の結果、無事にオイル漏れは止まっていたので今回のオイル漏れ
修理は終了です。
メルセデスベンツEクラス
年式H17年 走行距離 12万キロ
修理日数目安:1日(部品があれば・現場の混み具合により多少異なります)
上記メルセデスベンツ以外の輸入車、、BMWのオイル漏れ箇所の特定、修理はぜひ
当社へお任せください。輸入車の特にメルセデスベンツ、BMWのオイル漏れ修理実績、
多数有ます。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155




















BMW オルタネータ交換

投稿日時:2017年10月15日 11:15:05

BMW1シリーズ
お客様より部品持込でオルタネータの交換作業の依頼です。
image


今回は他店(ディーラー?)で点検済でオルタネータ不良との診断結果が出ているとの事
ですので、早速交換作業を進めていきます。
image
右が現車に付いていたオルタネータで左が持ち込みされたオルタネータです。
お客様が持込された部品の適合確認はOKとの事でしたのでそのまま取付します。
部品の適合確認はお客様自身で購入店に確認して頂いています。
image
今回は他店で点検済でしたが、当社にもバッテリー上がりでご入庫された車で
オルタネータがダメなケースはよくあります。
バッテリーが上がった場合は、DIYでバッテリー交換するだけではなく、整備工場で
オルタネータの点検をする事をオススメします。
交換作業時間は2時間程度です。


上記のような交換作業も行っております。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155






ポルシェ カイエンS 走行振動プロペラシャフト交換

投稿日時:2017年09月20日 15:15:43

ポルシェカイエン 走行中振動が出るという症状での修理依頼です。
image


早速、車を走らせてみると確かにフロアの辺りから不快な振動が出ています。
工場に戻りリフトアップして点検してみると
image
プロペラシャフトのセンターベアリングのブッシュがちぎれていました。
ポルシェ純正部品はプロペラシャフトASSYのみの供給で18万円程します。
社外部品(純正以外の優良部品)でベアリングのみ販売されていますが、ベアリング
だけを交換した場合微妙に振動が残るケースもある為、お客様と相談のうえ、今回は
社外部品(純正以外の優良部品)のプロペラシャフトASSY交換にする事にしました。
image

上が元々付いていたプロペラシャフトで下が新品のプロペラシャフトです。
上のシャフトの連結部のベアリングのブラケットが外れているのがわかりますね。
ブッシュがちぎれて完全にベアリングから外れていました。
これがフロアからの振動の原因でした。
image

新品のプロペラシャフトを元通りに組み付けて再びカイエンを走らせましたが問題なく
振動は消えていました。
これで今回の修理は終了です。
上記のような原因不明の振動、異音などの点検修理はぜひお任せ下さい。
ポルシェ、カイエン・マカンなどのオイル漏れ修理実績なども多数あります。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市菱木1-2242
電話072-274-2155





BMW X5 エアコンの故障

投稿日時:2017年09月18日 15:53:13

BMW X5のエアコンが効かない症状での修理入庫です。
早速原因を調べてみると、クーラーガスは入っていますが、コンプレッサーがすぐに
止まってしまいます。
理由は、電動ファンの不良による、コンデンサーの冷却不足でした。
という事で早速、ファンを外してみます。


image
このBMW X5はフロントバンパーとフォースメントも外さないと電動ファンが外れません。
image
バッテリーから直結で回してみましたが、動く気配がなかったので新品と取替ました。
交換後、エアコンのスイッチを入れると勢いよく電動ファンが回り出しエアコンも快適に効く
ようになりました。
image

元通りフロントバンパーを組み付けて、今回のエアコンが効かない故障修理は終了です。
作業日数目安:1日~(混み具合により変わります)
上記のような輸入車(BMW・ベンツなど)のエアコントラブルなどぜひ当社へお任せください。
他社修理工場とは輸入車の修理実績が違います。
またオイル漏れトラブルなのど診断、修理もぜひお任せ下さい。


大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話072-274-2155





ベンツW211 Eクラス 音鳴り点検修理

投稿日時:2017年09月17日 16:04:34

ベンツW211 Eクラス の足廻り(サスペンション)より、ギーギーと不快な音が鳴る症状
での点検、修理のご依頼です。
image
早速、リフトアップしてサスペンションの各部を点検しました。
予想どうり、定番のロアアームのボールジョイントにガタが出てサスペンションが動くたびに
ギーギーと異音がしていました。
image

ナックルとロアアームを分解し、特殊工具でボールジョイントを交換します。
完成写真はありませんが作業終了後、車を走らせても音は消えていました。
これで今回の足廻りからの異音の修理は終了です。
このような足廻りからのギーギーやギコギコなど異音に関する修理はぜひ当社へお任せ
下さい。
作業時間目安:1日程度


大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話072-274-2155







スズキ・エブリィ エアコン冷えない修理

投稿日時:2017年08月02日 17:14:07

エブリィワゴンのエアコン(クーラー)の効きが悪い症状での修理依頼です。


image
設定温度を18℃で風量最大にして吹き出し口に温度計を差してみると25℃でした。
さすがにぬるい風です。


image
フルオートエアコンなので、エアコンのダイアグチェックがヒーターコントロールパネルで
できます。
やってみると・・・ 異常ありませんでした。
image
続いて、クーラーガス圧を見てみます。
マニーホールドゲージを車両側に取付け、チェックしてみましたがこちらも特に
問題なさそうです。
image
こうなると少し厄介です。
エバポレーターが冷えているのか確かめる為にエアコンフィルターを外しました。


image
すごい事になっていました。
写真では解りずらいかもしれませんが、ホコリなどで目詰まり全開でした。
がしかし、これが直接の原因ではありませんでした。
エバポレーターは冷えていましたのでエキスパンションバルブも問題なさそうです。
もちろんついでにエアコンフィルターも交換しました。
image
悩みに悩んだ果てに、ふとクーラーが冷えない原因はヒーターバルブ不良かなと頭を
よぎりました。
この車はフルオートエアコンなので、アクチュエーターで動いているはず。
ダッシュボードの下から覗きながら温度調整のツマミを動かしてみると・・・
エアーミックスアクチュエーターがロッドではなく本体が動いてます。
これではエアーミックスドアがまともに動かせません。エアミクスアクチュエーターを外して
手動で動かしてみると・・・
吹き出し口からひんやり冷たい風が出るではありませんか。
image
エアコンが冷えない原因は下記画像のエアミクスアクチュエーターが破損していたからでした。
image
今回のエアコンが冷えない原因を突き止めるまでにかなりの遠回りをしてしまいましたが、
エアコン故障修理の知識がまた一増えたと思えばそれも良し。


スズキエブリィワゴン  年式:20年
この時期エアコンが冷えない・効かないの修理依頼は国産車だけではなく
ベンツ・BMWのクーラー修理依頼もが多いです。
上記のようなクーラー修理はぜひアクティブ車体にお任せ下さい。
大阪府堺市西区菱木1-2242
有限会社 アクティブ車体
電話072-274-2155
修理・お見積り依頼、お待ちしております。






















堺市 ダイハツアトレー メーター故障

投稿日時:2017年06月23日 15:49:03

メーターの故障です。インジケーターのランプが全て点灯しない症状での修理依頼です。
タコメータも動かない状態でした。
image


メーターを取り外して点検した結果、メーター裏側のフイルム基盤の断線を発見。
この断線がメーター故障の原因でした。
image
メーター裏側のゴールドの部分には全て配線が通っています。その一部分が断線していました。
image
メータの裏側はフイルム基盤の為、ハンダを使い修理すると基盤が溶けてしまう為、
ハンダ付けでのメーター修理は不可能なので、配線を使ってジャンプさせる方法でメーター
修理を可能にしました。
少し解りにくいですが、黄色い配線がジャンプさせた配線です。
image
配線をジャンプさせてメーター修理した結果、1枚目の画像では点灯していなかったインジケータ
ランプ類が全て点灯しタコメータも正常に動くようになりました。
image

上記のようなメーターの故障修理などもぜひ当社にお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155







ポルシェ カイエン オートマオイル漏れ修理作業

投稿日時:2017年06月05日 14:11:14

ポルシェ カイエン オートマオイル漏れの修理です。
まずリフトアップをして、どこから漏れているか点検診断をしていきます。
image
オートマチックトランスミッションにつながっているワイヤーハーネスのコネクター(接続
部でカプラーなんて言ったりもします)
から洩れています。写真手前上部はインヒビタースイッチの配線のジョイントで、その奥
とその下がミッション内部に入っています。ソレノイドバルブっぽいです。

image
ATのオイルパンをはずしてみると・・・
バルブボディに付いている複数のソレノイドバルブまでの配線でした。ただのコネクター
だったみたいです。でも一体なので全て交換になります。

image
結構大変な作業です。工場長が格闘しております!
image

車両側のワイヤーハーネスからも、ATFがポトポト落ちてくるのでたどっていくと・・・
なんと室内シート下にあるATコントロールユニットにまでATFが上がってきていました!
image

ATコントロールユニットの接続コネクターを外すと、中までボトボトになっていたので、
お客様と相談のうえ ATコントロールユニット本体も念のため交換することにしました。

image

ワイヤーハーネスも清掃し、ATオイルパンのガスケットも交換して全て元通りに組み付け
して今回のオートマオイル漏れ修理は完了です。



ポルシェ、カイエン 年式:平成19年 走行距離:80.000㎞
上記のようなポルシェ、カイエン、パナメーラの修理もぜひアクティブ車体へお任せ下さい。
専用診断機できちんと診断、整備、修理致します。
その他、Mベンツ、BMWなどの輸入車の修理、整備も実績多数あります。
一度、お電話頂ければ当社の整備士が対応致します。




有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話」072-274-2155












63件 1件目から10件目まで表示 (7ページ中1ページ目)

1 2 3 4 5 6 7
ステップ 電話