• ホーム
  • アクセス
  • 電話お問合せ
  • 無料お見積り
shaken

ブログトップ

メーカー:ポルシェ の記事 一覧 (新着順)

全9件 1件目から9件目まで表示


ポルシェ パナメーラ ブレーキパッド交換

投稿日時:2020年05月13日 14:42:26

ポルシェ パナメーラのブレーキパッド交換のご依頼を頂きました。
image

キズが付かないように、慎重にホイールボルトを緩めてホイールを外します。

 image
さすがポルシェだけあって、キャリパーがかなり大きいです。
取り外したキャリパーに、キズが付かないようにマスキングテープで保護しておきます。
image
今回は、ディスクローターの摩耗が少なかったのでお客様とご相談の上、ブレーキパッド
のみの交換となりました。
当社では、ポルシェやメルセデスベンツなどのブレーキキャリパーの塗装も行っております。
ぜひ、お問い合わせください。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155




ポルシェ ケイマン クラッチオーバーホール

投稿日時:2020年05月10日 12:35:27

ポルシェ ケイマン 987 クラッチオーバーホール作業の依頼です。
リフトアップして、下から見た感じです。
マフラーやドライブシャフトなどを外していきます。ポルシェといえばRRですが、ケイマン
とボクスターはミッドシップなんですよね。
image

早速周辺の部品を外して、その後ミッションを下していきます。
奥にクラッチカバーが見えてます。
続いてその奥に見えるクラッチカバーとクラッチディスクを外していきます。

image

クラッチをバラしたら、フライホイールが見えます。今回フライホイールはサンドペーパー
で磨くだけにします。
image

下が外したクラッチカバーとディスクです。上が新品部品です。カバーはダイヤフラムの
レリーズベアリングとの接地面が擦り減り、ディスクの圧着面も摩耗しています。
クラッチカバーもリベット付近まで摩耗してました。
image


レリーズベアリングも交換します。image


クラッチカバーとディスクを組んで、ミッションを載せます。今回はお客様のご要望にお応え
をして修理費用節約できる社外部品を使用しております。
image

あとは外した部品を逆の順番に組み付けていきます。
image

今回は車の底が写った下からの写真しかありませんが、現車は、ポルシェ ケイマン987

になります。最近はAT車がほとんどなので、MT車のクラッチオーバーホール作業は一昔前
に比べてめっきり減りましたが、当店には国産車 輸入車 を問わず、ご依頼をいただくことが
ちょこちょこあります。







ポルシェ カイエン車検

投稿日時:2017年12月09日 16:03:01

ポルシェカイエンの車検依頼です。
image
今回は車検基本整備56項目の点検を行い特に問題や故障はありませんでした。
後は、テスターを使用し保安確認の為のヘッドライト光軸・サイドスリップ・排気ガス測定調整
行います。
最後に、診断システムによるショートテスト一式を行い問題がなかったので今回の車検は終了です。


image
ポルシェの車検や故障修理などもぜひ当社にお任せ下さい。
ポルシェの修理実績、多数あります。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155








ポルシェ 911カレラ ルーフ塗装

投稿日時:2017年12月05日 15:31:52

ポルシェ911カレラのルーフの塗装劣化によるクリアーの剥がれの再塗装作業です。
image


このようにクリアーが部分的にめくれてきています。
image
ルーフは剥離剤を使う事が出来ないので、手作業で元の塗装を全て削り落とします。
その後、サフェーサーと言う下地塗装を塗布します。
image
サフェーサーが乾燥後、表面を研磨します。
この作業も剥離作業と同様、手作業で行います。

image
研磨後、塗装作業に入ります。
まずは、カラーベースを塗装し、その後クリアー塗装を行います。
image
塗装終了直後の状態のルーフです。
ここから十分に焼き付け乾燥後、専用のバフとコンパウンドを使い磨いていきます。
image
以上で作業今回のルーフの再塗装作業は終了です。
写真のようにルーフに景色が映るぐらいに綺麗に仕上がります。
image
ポルシェなどの塗装劣化などもぜひ当社アクティブ車体にお任せ下さい。
見積り無料です。
見積り前にお電話でお問い合わせ後に来店頂ければがスムーズお見積りできます。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155













ポルシェ カイエン ヒーターホース交換

投稿日時:2017年10月17日 13:02:46

ポルシェ カイエン のクーラント(冷却水)漏れ修理のご依頼です。

image

エンジンルームの奥の方からLLC(冷却水)が漏れています。
原因はヒーターホースの劣化によるものなのでヒーターホースを交換します。
非常に作業が困難な場所で、底から覗きこんでようやく見える程度です。

image

片手しか入らず、しかも狭くて手の自由がきかないので、単純な作業ですが
相当な時間がかかりました。

image

さすがにホースバンドを止める事ができないので特殊工具を使って取付します。

image

エンジンルームの上からと

image
エンジンルームの下からも
image


とても狭くて時間のかかる作業でしたが、無事に冷却水の漏れも止まりました。
上記のようなポルシェなどの修理もぜひお任せ下さい。
カイエン、パナメーラなのど修理実績多数あります。
専用診断機も設備していますのでご安心してお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155












ポルシェ カイエンS 走行振動プロペラシャフト交換

投稿日時:2017年09月20日 15:15:43

ポルシェカイエン 走行中振動が出るという症状での修理依頼です。
image


早速、車を走らせてみると確かにフロアの辺りから不快な振動が出ています。
工場に戻りリフトアップして点検してみると
image
プロペラシャフトのセンターベアリングのブッシュがちぎれていました。
ポルシェ純正部品はプロペラシャフトASSYのみの供給で18万円程します。
社外部品(純正以外の優良部品)でベアリングのみ販売されていますが、ベアリング
だけを交換した場合微妙に振動が残るケースもある為、お客様と相談のうえ、今回は
社外部品(純正以外の優良部品)のプロペラシャフトASSY交換にする事にしました。
image

上が元々付いていたプロペラシャフトで下が新品のプロペラシャフトです。
上のシャフトの連結部のベアリングのブラケットが外れているのがわかりますね。
ブッシュがちぎれて完全にベアリングから外れていました。
これがフロアからの振動の原因でした。
image

新品のプロペラシャフトを元通りに組み付けて再びカイエンを走らせましたが問題なく
振動は消えていました。
これで今回の修理は終了です。
上記のような原因不明の振動、異音などの点検修理はぜひお任せ下さい。
ポルシェ、カイエン・マカンなどのオイル漏れ修理実績なども多数あります。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市菱木1-2242
電話072-274-2155





ポルシェ カイエン オートマオイル漏れ修理作業

投稿日時:2017年06月05日 14:11:14

ポルシェ カイエン オートマオイル漏れの修理です。
まずリフトアップをして、どこから漏れているか点検診断をしていきます。
image
オートマチックトランスミッションにつながっているワイヤーハーネスのコネクター(接続
部でカプラーなんて言ったりもします)
から洩れています。写真手前上部はインヒビタースイッチの配線のジョイントで、その奥
とその下がミッション内部に入っています。ソレノイドバルブっぽいです。

image
ATのオイルパンをはずしてみると・・・
バルブボディに付いている複数のソレノイドバルブまでの配線でした。ただのコネクター
だったみたいです。でも一体なので全て交換になります。

image
結構大変な作業です。工場長が格闘しております!
image

車両側のワイヤーハーネスからも、ATFがポトポト落ちてくるのでたどっていくと・・・
なんと室内シート下にあるATコントロールユニットにまでATFが上がってきていました!
image

ATコントロールユニットの接続コネクターを外すと、中までボトボトになっていたので、
お客様と相談のうえ ATコントロールユニット本体も念のため交換することにしました。

image

ワイヤーハーネスも清掃し、ATオイルパンのガスケットも交換して全て元通りに組み付け
して今回のオートマオイル漏れ修理は完了です。



ポルシェ、カイエン 年式:平成19年 走行距離:80.000㎞
上記のようなポルシェ、カイエン、パナメーラの修理もぜひアクティブ車体へお任せ下さい。
専用診断機できちんと診断、整備、修理致します。
その他、Mベンツ、BMWなどの輸入車の修理、整備も実績多数あります。
一度、お電話頂ければ当社の整備士が対応致します。




有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話」072-274-2155












大阪市 ポルシェ マカン

投稿日時:2017年04月20日 15:39:27

ポルシェ マカン バンパー板金塗装・修理でのお預かりです。
image
リヤバンパーの右側に亀裂と変形があります。
リフレクター(バックフォグ一体)にもキズとワレがありました。

image
赤の丸で囲っている部分がキズ、ヘコミと亀裂が入ってる部分です。
このキズ、ヘコミと亀裂を今回は修理しました。


image
まず初めに車からバンパーを取り外してバンパーを分解していきます。
image
へこんでいる箇所を加熱しながら裏から慎重に押していきます。
image
今回、塗装作業中の写真を撮り忘れてしまいました。残念です。
下地と塗装終了後、分解したバンパーを元通りに組み付けて再び車に装着します。
image
ポルシェマカンのバンパーのキズ、へこみ修理は終了です。
お客様にもとても綺麗に直ったと喜んで頂けました。
image

ポルシェのキズ、ヘコミ修理などもぜひ当社へお任せ下さい。
バンパー以外のキズ、ヘコミでも大丈夫です。
ポルシェ マカン 年式:平成28年
カラー番号 LC9X    ディープブラックパールエフェクト   
修理日数目安:5日程度~
修理金額目安:10万円程度 (キズの大きなどにより多少前後します。)
お見積りいたします。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155


















高石市 ポルシェ カイエン 車検

投稿日時:2016年06月06日 14:10:13

作業日数 2~3日ほど
ポルシェ カイエン 年式:H19年 走行距離:70,000㎞

車検整備内容は、エンジンオイル交換とブレーキオイル交換です。
image

アクティブ車体の車検の場合、細かな点検整備まで実施します。

車検整備の際にブレーキオイルをチェックしたところ、ブレーキオイルが劣化していたので、ブレーキオイルを交換しました。
image
輸入車の車検整備なら、
アクティブ車体にお任せ下さい。 



車の事ならなんでもお任せください。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
072-274-2155

全9件 1件目から9件目まで表示


ステップ 電話
ステップ 電話