• ホーム
  • アクセス
  • 電話お問合せ
  • 無料お見積り
shaken

ブログトップ

メーカー:トヨタ の記事 一覧 (新着順)

39件 1件目から10件目まで表示 (4ページ中1ページ目)

1 2 3 4

バックドアの大きなキズ、ヘコミ修理

投稿日時:2018年02月26日 15:26:50

カローラフィルダーのリヤドアの大きなキズ、ヘコミ修理です。
今回はグチャとへこんでいます。
もちろん鈑金で修理しました。
画像は鈑金作業前にワッシャーで鉄板を引っ張り出しています。
image
あまりにもヘコミがひどい場合は下記のうように特殊な工具を使います。
引っ張り出し過ぎても鉄板が伸びてしまうので長年の経験と勘が必要になる作業です。
image
慎重に作業を行います。
image


image
次に鈑金作業に移ります。
色の変わっている部分が今回鈑金でヘコミを直している部分です。
image
image


今回はバックドアのヘコミ範囲が大きかったので鈑金パテ面積も広めになります。
鈑金パテ後、粗さの違うヤスリで車体の形状を元通りに復元していきます。
image
鈑金作業が終わると塗装専用ブースに車体を移動し塗装作業に移ります。
その前にサフェーサー塗布します。サフェーサーとはパテの塗料吸い込み防止効果などが
あります。
サフェーサー塗布が終わると塗装直前に脱脂作業を行います。
脱脂作業をする事により塗装面の余計な油分が取り除けます。
image
塗装終了です。
塗装前にはもちろんマスキング作業を行います。
マスキング作業をする事によりキズ、ヘコミ修理分部以外に塗料がかからなくなります。
image
最後に十分に塗装部分を乾燥させてから専用のバフでミガキ作業を行い初めに取り外した
付属部品を取り付けて今回のバックドアのキズ、ヘコミ修理は完成です。
image

今回もキズ、ヘコミが綺麗になおったとお客さまにとても喜んで頂けました。

image
上記のような大きなキズ、ヘコミ修理はぜひ当社へお任せ下さい。
フレーム修正機も完備しているのでフレーム修正が必要な事故修理などもお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155
























ハイエース ルーフ キズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年12月11日 15:44:57

ハイエース・ルーフのヘコミ・キズ修理です。
image
ルーフサイドパネルに線のようにキズとヘコミが入っています。
この部分を交換すると大変な作業になります。修理代もとても高額になるので鈑金塗装で
修理しました。


image
始めにキズの入った部分の塗装を削ります。
削った部分にワッシャーを溶着しルーフのへこんだ部分の鉄板を引き出していきます。
これを引っ張り鈑金といいます。
image
引き出すと下記の状態になります。
image
鈑金後、面出し作業にパテを使用します。
パテは下記画像のように主剤と硬化剤をよく混ぜ合わせて使います。
image
鈑金作業が終わると次に塗装ブースに車両を移動します。
ブースでマスキング作業を行い、サフェーサーを塗布後、塗装作業に入ります。
image
車体が大きく、塗装作業もルーフ一面クリアー塗装を行うのでマスキング作業は大変でした。
image
塗装直前に脱脂作業を行い下記画像のように塗装を行います。
カラーベース、クリアーの順番で塗装していきます。
今回は塗装範囲も広く、車体もハイエースワイドで大きく大変な作業でしたが無事に
キズ、ヘコミ修理は完了です。
image
今回は完成写真を撮り忘れてしまいましたが、綺麗に鈑金塗装で直りました。
上記のようなルーフの鈑金塗装修理などもぜひお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155
ホームページからお問い合わせ頂いてもお見積りできます。
その際、お車写真とキズの部分の写真をお願いします。
ぜひお問い合わせ下さい。



堺市 プリウス ドア キズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年06月15日 21:51:40

プリウスのロッカーパネル(ステップ部分)とドアのキズ・ヘコミ修理です。
キズのある部分もヘコミ分部も板金修理しました。
image
板金作業後、塗装専用ブーズにて塗装作業を行います。
下記画像のように塗装部分の付属部品は初めに分解し外します。
ほんの少しのキズ、ヘコミでも塗装を削り板金作業を行いパテで最終仕上げを行うと
キズ、ヘコミの倍ほどの免責にサフェーサー(サビ防止や板金パテが塗料を吸い込み巣穴が出来るのを防止する役目)を塗布する事になります。
塗装部分以外はマスキング作業で塗料が散らないようにします。
image
塗装終了です。
十分に焼き付けを行った後に、専バフでミガキ作業を行い初めに取り外した付属部品を
組み付けて作業終了です。
image


トヨタプリウス・ツーリングセレクション 年式:平成28年
型式 DAA-ZVW51 カラー番号 3T7 エモーショナルレッド


上記のようなキズ、ヘコミ修理はアクティブ車体にお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155











トヨタ ランクル 側面大きなキズ、ヘコミ修理

投稿日時:2017年03月26日 12:05:51

左側面のキズ、ヘコミの板金修理です。
フロントドア、リヤドア、ロッカアウターパネル(ステップ部分)の損傷です。
全て板金で修理しました。
画像のように付属部品(アウターハンドルやモール類)などは全て取り外して作業を行います。
image
板金作業が終わると次は塗装専用ブースに車体を移し塗装作業ですがその前に
下処理を行います。
マスキング作業を行いサフェーサーを塗布します。
マスキングには塗装部分以外に塗料が掛かるのを防ぐための作業です。

サフェーサーには板金パテが塗料を吸い込むのを防止しするなどの効果があります。
カラーべースを塗るまえに脱脂作業を行います。

image
カラーベース・クリアーコートの順番でキズ、ヘコミの板金した部分を塗装してきます。
今回は左一面の塗装作業になりました。
image
塗装終了後、十分に乾燥させてから専用のバフでミガキ作業を行い最後に初めに取り外した付属部品類を元通り車体に取り付けて今回のキズ、ヘコミの修理は終了です。


トヨタ、ランドクルーザー80 年式:平成6年
カラー番号6M1  ダークグリーンマイカ


上記のような広範囲に及ぶキズ、ヘコミの修理もぜひ当社にお任せ下さい。
ぜひ一度、当社へお見積りにお越し下さい。


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155







フィールダー バンパーと側面の大きなキズ・ヘコミ修理

投稿日時:2017年03月06日 20:10:47

側面一面のキズ・ヘコミの板金修理です。
フロントバンパーも修理しました。
フロントバンパーは縦に亀裂が入っています。バンパーは樹脂で出来ている為、ドアみたいに板金修理はできません。
バンパーの修理方法はキズの入ったバンパーを車体から取り外し専用スタンドに置きます。
キズの加熱して整形し直し表面をバンパー専用パテで最終整形します。
image
次にボディーのキズ・ヘコミの修理です。
フロントフェンダー・リヤドア・リヤフェンダー・ロッカーパネルのキズ、ヘコミ修理です。
ロッカーパネルとはステップ部分のことです。
全て板金で修理します。画像で見るより実際のキズ、ヘコミは大きいです。
image
板金作業・塗装作業に邪魔になるアウターハンドル(ドアノブ)などの付属品は全て分解して取り外します。
板金作業終了後、板金専用パテでボディの最終の面出し作業(小さなおうとつを無くす方法)
この最後に行なうボディの面出し作業は何度も職人が素手で確かめながら行うため車体板金の知識、修理経験の豊富な職人が行います。
image
板金作業が終わると次は塗装作業の下処理です。
初めにマスキング作業を行います。マスキング作業とは下記画像のようにキズ、ヘコミ分部以外の塗装をしない部分を全て覆い隠します。塗料がかからないようにする為です。
マスキング後、サフェーサーを塗布します。サフェーサーにはパテが吸い込むのでそれを防止したり、防水や防錆の効果があります。
image
バンパーもボディ同様にサフェーサーを塗布します。
image
サフェーサーを研磨後、脱脂作業を行い塗装します。
image

バンパー同様です。
image
ロッカーパネルカバーのキズの修理方法はバンパー同様、素材が樹脂なのでバンパーと同じ修理方法です。
image



塗装後、専用バフとコンパウンドを使いミガキ作業を行い外した部品を元通り車体に組み付けて今回のキズ、ヘコミの修理作業は終了です。
上記のような広範囲のキズ、ヘコミ修理もぜひ当社にお任せ下さい。代車も無料で貸し出ししています。


堺市 カローラフィールダー 年式:H19年
カラー番号 1F7  シルバーメタリック
修理日数目安:1週間程度
修理金額目安:15万程度 (税抜き)


有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155











堺市 トヨタクラウンハイブリッド 大きなヘコミ修理

投稿日時:2017年02月23日 14:59:44

左フロントドアにゲンコツ大のヘコミがあります。
今回はこのヘコミの修理です。もちろん板金で修理します。
この車のドアの素材は高張力鋼鈑なのでヘコミ分部の板金作業は難易度が高い作業になります。
高張力鋼鈑は従来の鋼鈑より厚みが薄い為、修理の際、極力熱を加えない事が鉄則です。普通の鋼鈑と違い熱を加えすぎると鋼鈑が伸びてしまい修理どころか逆にドアのボコボコなり状態がひどくなってしまいます。
その為、板金作業での修復は困難な為、交換を勧める修理工場も多いと思います。
image
板金作業終了後、パテで形成します。
今回はパールなのでフェンダーとリヤドアでボカシ塗装を行いました。
付属部品も塗装時に邪魔になるので全て脱着します。
image
塗装作業の前にサフェーサーを塗布します。サフェーサーには板金パテが塗料を吸い込むのを防止する役目などがるので塗装前には必ず必要な工程です。
サフェーサーの塗布が終わると、十分に乾かしてからマスキング作業に移ります。
マスキング作業をきちんと行う事によりヘコミの修理部分以外に塗料かかるのを防ぎます。
image
塗装直前に脱脂作業を行い塗装に移ります。
塗装後、十分に乾燥させてからマスキングを全て外し、専用のバフでミガキ作業を行います。
最後に初めに外した付属部品(ドアノブやモール)を組み付けて今回のドアのキズ、ヘコミ修理は完了です。
ドアのモール類は再利用できる場合と取替になる場合があります。
今回は再利用できました。
下記画像のように元々ドアにあったゲンコツ大のヘコミは綺麗に直りました。
image

トヨタ クラウン200系 ハイブリッド 年式:H24年
カラー番号1F3 プレミアムシルバーパール
修理日数目安:5日程度
修理金額目安:10万程度
上記のような素材は高張力鋼鈑なので板金ではなく部品の交換修理になります。など他社でお見積りされたお客さまも一度当社にご相談下さい。
可能な限りお客さまのご要望にお応え致します。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155


堺市 カローラ 側面キズ・ヘコミ修理

投稿日時:2017年01月24日 13:54:42

カローラ ルミオン 年式:22年  カラーナンバー 3RO  ブラキッシュレッドマイカ
作業日数目安:1週間程度(現場の混み具合により多少前後します)


今回のキズ、ヘコミがある部分はフロントバンパー、フロントドア、リヤドア、クォーターパネル
ロッカーパネル(ステップ部分)の側面一面と広範囲に及ぶキズ、ヘコミ修理です。
この車種カローラ・ルミオンのフロントドアとリヤドアは新素材の高張力鋼鈑という素材なので
板金修理の難易度は普通の鋼鈑よりはるかに高度な技術が必要です。
もちろん当社では今回のドアのキズ、ヘコミの修理は部品交換せずに板金作業で修理しました。
image

特にリヤドアとロッカーパネル(ステップ部分)のスリキズ、ヘコミが大きいです。


image
ステップ部分の板金はリヤドアを何回も脱着し微調整しながらへこむ前の綺麗な形に形成して
いきます。
image
リヤドアはヘコミ分部の鈑金後、塗装専用スタンドにかけて塗装作業を行います。
ドアに付いている付属部品、アウターハンドル(ドアノブ)や画像には写ってませんが
ドアの裏側のトリム(内張り)類などは全て取り外します。
image
バンパーにもキズ、ヘコミがあったので修理してドアと同じように専用のスタンドにかけて
塗装作業を行います。
グレーになっている部分がキズ、ヘコミのあった場所です。ヘコミは加熱して整形し、キズは研磨後バンパー専用パテでキズヘコミができる前の状態に形成します。
ナンバープレートやグリルなどのバンパーの付属部品は修理や塗装作業に邪魔に
なるので全てバンパーから取り外します。
image
フロントドアは車体から取り外さずに塗装します。
バンパー同様、グレーの部分がキズのあった場所です。
image
全てのキズ、ヘコミ分部の鈑金作業が終わると次は塗装作業です。
塗装専用のブースに車体を移動しマスキング作業を行っていきます。
マスキング作業とは塗装部分以外に塗料がかからないように画像のよにマスキングテープや
養生紙で塗装部分のみを残し後は全て隠してしまう作業です。
image
ロッカーパネル塗装後
image
フロントドアもロッカーパネルと同時に塗装します。
image
リヤドア、フロントバンパーも専用スタンドに立て掛けたままでフロントドア、ロッカーパネル
同様に塗装専用ブースで塗装作業を行います。

image


image
上記で説明しましたが、修理前にドアの裏側の付属部品やトリム(内張り)類を取り外しているので、鈑金、塗装、ミガキ作業と全ての作業の最後に取り外した付属部品を元通りに取付します。
image
以上で今回の側面の広範囲に及ぶキズ、ヘコミ修理は終了です。
隣に止まっている車が反射するぐらい綺麗になおりました。
image
上記のような広範囲に及ぶ修理や他店で、新素材の高張力鋼鈑の為、部品交換になり、
鈑金修理できません。と言われたお車など一度当社にご来店、ご相談下さい。

当社では出来る限りキズ、ヘコミは鈑金作業でなおします。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242




























堺市 アルテッツァ キャリパー取替

投稿日時:2017年01月23日 11:51:03

トヨタ アルテッツァ  年式:14年 走行距離:253.300k
走行中にハンドルが振るのとブレーキのべダルジャターが出た。
ジャダーとはブレーキを踏むとペダルに振動が返ってくる症状の事です。
故障診断に伴う問診の結果、フロント左のキャリパーが固着していた為でした。
キャリパーは修理コストを下げる為に、中古部品を使用しました。
image
下記画像は、キャリパーシールを交換している途中です。
今回のキャリパーの固着の原因はサビでした。大抵の場合、固着の原因はサビです。
image
組み付け後、試運転を行いハンドルの振れとジャダーは無事に改善されました。
これで今回の走行中にハンドルが振るのとブレーキのべダルジャダーの改善の為の
キャリパー取替作業は終了です。
上記のようなハンドルの振れやジャダーなどの症状があれば一度、当社にご相談下さい。
故障診断いたします。
その他、ブレーキなどの足廻りの修理もお任せ下さい。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155










大阪市 ハイエーススーパーGL 定期点検

投稿日時:2016年12月20日 19:30:20

ハイエース スーパーGL プレミアム セレクション 年式:平成24年 点検
image
購入後、一度もバッテリー交換をしていなかったのでバッテリーを交換しました。

image
新品バッテリーです。

image
お車の定期点検、車検は当社にお任せください。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155
ぜひお電話下さい。お待ちしております。




大阪市 トヨエース 油脂間違い 修理

投稿日時:2016年10月27日 16:15:25

トヨエース 年式:H18年 走行距離:119.567
軽油車にガソリンを入れるという油脂間違いによるエンジン停止での点検・修理依頼です。
油脂間違いに気付かづに走行し、走行途中に急にエンジンが停止しました。
診断機を繋いで診断システムによる故障診断をしました。
診断機では以上はありませんでした。
作業内容は燃料タンクを車体から外し、ガソリンを全て抜き取りタンク内の清掃をして軽油を給油しました。
フューエル・フィルターは交換しました。
image
このような油脂間違いでも当社にお任せください。
有限会社 アクティブ車体
大阪府堺市西区菱木1-2242
電話072-274-2155





39件 1件目から10件目まで表示 (4ページ中1ページ目)

1 2 3 4
ステップ 電話